Turn no sea coat war kangaroo RSS

Archive

Sep
8th
Mon
permalink
(高橋芳朗)メールいただいております。さっきのフリーランスのギャランティーについて。ちょっと耳が痛そうな内容だったら嫌だな。(リスナーからのメールを読む)『私はカメラマンやスタイリスト、ヘアメイクなどのマネジメントをしている業界でも弱小のプロダクションで働いています。表題の件、業界は違えど、みなさん同じ悩みを抱えてらっしゃるようで、興味深く拝聴しておりました。結論から申し上げますと、依頼があった際にざっくりとでもギャラを聞くべきです。それを聞くことは失礼なことではなく、それによって仕事を失うことはありません。その場合、気をつけなければいけないことは、ギャラが安いから仕事を断るということを相手に悟られないようにすることです。お金が安くても、魅力的な仕事はたくさんありますが、そんな依頼が来なくなってしまうのです。ではどうすればいいのか?というと、まずは先方に納期を聞いて、「実はちょうどそのタイミングで仕事があって・・・」と、スケジュールがたまたま厳しい旨を伝えます。その後に、「ぜひやりたいので調整させてください。ちなみに、予算ってどんな感じですかね?」と聞くのです。もし希望のギャラでなければ、翌日などに電話して「すいません。スケジュール調整できませんでした。とてもやりたかったので、またぜひ声をかけてください」と伝えてください。きっとまた声をかけてくれるはずです。メールではなく、電話する方がより効果的です』と。

(ジェーン・スー)天才の答えが来た!(拍手)

(高橋芳朗)天才現る!(拍手)

(ジェーン・スー)リスナーさん、正解をありがとうございます!

(高橋芳朗)ありがとうございます。

(ジェーン・スー)天才だね。

(高橋芳朗)これね、やっぱり聞くのがいちばんなんですかね?

(ジェーン・スー)『うわー、すごいやりたいんですけど、ちなみに納期、いつですか?』って聞いて、『いつ頃です』『あー、その時ね、実は2個あるんですよ。どうしよう?調整できるかやってみたいんでちょっと待ってほしいんですけど。あっ、ちなみにギャラって・・・規模感、どれぐらいですか?』みたいな(笑)。

(高橋芳朗)(笑)

(ジェーン・スー)よくわかんない『感』をつけるっていう。

(高橋芳朗)規模感(笑)。

(ジェーン・スー)『ギャラ感、どんな感じですか?』みたいな。よくわかんないこと言うじゃん。『ギャラ感、どんな感じですか?』。

(高橋芳朗)曖昧にしすぎですよ。
Sep
5th
Fri
permalink
為末 それで思い出したんですが、
有森(裕子)さんが
引退した選手を対象にした講演のなかで、
こんなふうにおっしゃってたんです。
「現役時代にみなさんには、
 すばらしい思い出と感動が
 あったと思いますが、
 引退後の世界には、
 もう、そんなものはありません。
 それを受け入れることから、
 引退後の人生をはじめましょう」って。
それは、たしかにそのとおりだなと思いました。
競技のなかであれほど強烈な興奮を味わったら、
引退後の人生でも探してしまって、
そのまま、ここでもない、ここでもない、って
流浪の旅に出ちゃったりしますから。
そうなってしまうよりは、
「そんなものはもうないんだ」って
割り切ることを伝えてあげるほうが、
やさしさなのかもしれないな、って。
Sep
3rd
Wed
permalink
Sep
1st
Mon
permalink
課徴金減免制度に関する規則 [jftc.go.jp]

第一条
 私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(以下「法」という。)第七条の二第七項第一号又は第八項第一号若しくは第二号(法第八条の三において読み替えて準用する場合を含む。以下同じ。)の規定による報告及び資料の提出を行おうとする者は、様式第一号(PDF:7KB)による報告書一通をファクシミリを利用して送信することにより公正取引委員会(以下「委員会」という。)に提出しなければならない。
2 前項に規定する報告書の提出に関するファクシミリの番号は、〇三―三五八一―五五九九とする。

Aug
27th
Wed
permalink
Aug
24th
Sun
permalink
あと、ショックだったのが、対戦相手のほぼ全員が崇拝というカードを知らなかったこと。
たしかに最初に収録されたのもう16年も前だし、最後に再録されたのももう9年も前。
若いプレイヤーはまだ子供の時代ですもんね。
Aug
22nd
Fri
permalink
「1分ごとに最新情報を書いた紙が送られてきてもどうしようもないでしょう」と坂村氏。だからこそ、データだけを公開して、アプリを作ってもらうのだと言いながら、プロジェクタさえ設置がなく、集まった記者に紙資料を配るしかない国交省記者クラブの会見場で説明を始めた。
permalink
「1分ごとに最新情報を書いた紙が送られてきてもどうしようもないでしょう」と坂村氏。だからこそ、データだけを公開して、アプリを作ってもらうのだと言いながら、プロジェクタさえ設置がなく、集まった記者に紙資料を配るしかない国交省記者クラブの会見場で説明を始めた。
Aug
13th
Wed
permalink

奥成氏: 推測ですが、エンディングは、スケジュールが間に合わなかったんだと思います。

堀井氏: すべてのゲームは時間が足りない。

Aug
12th
Tue
permalink